FC2ブログ

新しいもの.COM

最新情報を配信。国内、海外、スポーツ、時事、政治、経済、芸能や新製品、最新情報、最先端、までとにかく新しいもの大好きー。 な感じで行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

完全失業率5・0%、3か月連続で改善

総務省は29日、9月の完全失業率(季節調整値)が5・0%で、8月に比べて0・1ポイント低下し、3か月連続で改善したと発表した。

 一方、厚生労働省が同日発表した9月の有効求人倍率(同)は0・55倍で、8月に比べて0・01ポイント上昇。5か月連続の改善となった

その割には日本がよくならにですね。。。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/29(金) 09:58:01|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国、エネルギー消費世界一

【ニューヨーク時事】中国が昨年、世界最大のエネルギー消費国になったことが国際エネルギー機関(IEA)の最新データで分かった。約100年にわたり首位だった米国は、その座を譲った。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が19日報じた。
 同紙によると、2009年の中国のエネルギー消費量は石油換算で22億5200万トンに達し、米国の21億7000万トンを約4%上回った。中国の消費量は長年にわたり年間2けたの伸びを記録。10年前の消費量が米国の半分程度にとどまっていたことは、中国のエネルギー需要がいかに急速に拡大してきたかを物語っているという。 



テーマ:中国ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/07/20(火) 08:52:39|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドル円の変動率、低下 リスクリバーサルは拡大 !!

ドル円の予想変動率(インプライド・ボラティリティー)
1週間物:13.73%前後(前営業日終値:14.29%)
1カ月物:14.00%前後(前営業日終値:14.18%)

ドル円のリスクリバーサル(8月10日14時11分時点)
1週間物:▲0.59%前後(前営業日終値:▲0.0075%)
1カ月物:▲1.14%前後(前営業日終値:▲0.9150%)

 10日の通貨オプション市場でドル円の予想変動率は低下。外国為替市場でドル円相場が97円台で底堅く推移しているほか、先週末に米雇用統計の発表を終え為替変動に対する警戒感が緩和した模様。
 ドルのコール(買う権利)オプションとプット(売る権利)との比較で持ち高の偏り具合を示すリスクリバーサル(ドル高方向への変動率からドル安方向への変動率を引いた値)は拡大。

テーマ:理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/08/10(月) 14:29:49|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

取引終了を10分間延長=ジャスダック

大阪証券取引所の子会社で新興企業銘柄を扱うジャスダック証券取引所は28日、大証傘下のヘラクレスと市場統合するに当たり、立ち会い終了時間を10分間延長して午後3時10分にすると発表した。統合で大証の売買システムを利用するのに伴い取引時間も大証に合わせる。9月24日から実施の予定。 

FXやるなら↓
FX

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/07/28(火) 23:19:52|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

<楽天証券>株式売買手数料69%下げへ

ネット専業証券の楽天証券は28日、8月から株式売買手数料を最大69%引き下げ、SBI証券と並んで業界最安値にすると発表した。21日に最安値への引き下げを発表したSBI証券への対抗措置。約定代金10万円以下の取引にかかる手数料は現行の472円から147円になる。

 7月に入り、両社は手数料の値下げ合戦を繰り広げ、楽天証券の手数料見直しは4度目。同業他社からは採算を疑問視する声もあるが、楽天証券は「黒字化に自信を持っている」と説明している。

 一方、SBI証券を傘下に持つSBIホールディングスの北尾吉孝CEOも28日の記者会見で「まだ十分に下げられる余地はある。いつでも受けて立つ」と発言。SBI側はさらに値下げで対抗する構えで、業界最安値をめぐる競争はまだ続きそうだ。【寺田剛】


FXプライム

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/07/28(火) 23:14:30|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日立がグループ再編を本格化・・・しかし問題も

東京 28日 ロイター] 日立製作所<6501.T>は28日、日立マクセル<6810.T>などグループの上場子会社5社の完全子会社化を目指し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。
 グループ再編の本格化で、情報通信システムや公共システムなど社会インフラ事業を手がける連結子会社を本体に取り込んで業績回復を図る。5社は上場廃止になる見込み。

市場でもこの問題は上がり、今後禁止される恐れもあるb。

FXなら↓
GFT

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/07/28(火) 23:06:56|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来週の国内株式市場見通し

日米ともにリバウンド基調を強めてきている。米商業金融大手CITグループの破たんが当面回避されたほか、カリフォルニア州知事と議会が財政危機の解決策で合意とも伝えられており、外部要因のリスクは低下。警戒されていた米住宅関連指標についても、5月の米連邦住宅金融庁が発表した6月の全米住宅価格指数は3ヶ月ぶりに前月水準を上回り、全米不動産協会発表の中古住宅販売は3ヶ月連続でプラスとなった。国内では衆院解散によって40日間の政治空白リスクへの警戒はあるものの、日本の政治が再編に向けて動き始め、海外投資家による日本を見直すきっかけになるとのポジティブな見方もある。前の週の急落によって懸念されていた個人投資家の需給についても、GSユアサ<6674>が公募価格から100円程度上回る水準まで上昇しており、物色意欲の強さをうかがわせる。野村による「鉄道インフラ」「スマートグリッド」のレポートによって関連銘柄も軒並み急騰している。



日経平均は目先的な抵抗線として意識されていた一目均衡表の先行スパン(雲)上限を突破してきており、他のテクニカル指標なども軒並み買い転換となった。連日上昇後のこう着が目立っていたが、CITグループの行方や決算発表が本格化してくることを考えれば上値追いには慎重になりやすいところである。しかし、こう着ながらも下値を切り上げている状況をみると、アンダーウエイトとしている海外勢の修正リバウンドといった変化が表れてきている可能性はある。政治空白リスクを嫌うとされる海外勢のウエイトに変化が出ているとなると、先高観は一段と強まってきそうである。



来週は日米ともに決算発表が多く、国内では1000社を超える企業が発表を予定している。そのため決算内容を見極めたいとのムードが強まりやすい。決算発表後の瞬間的なインパクトを狙った商いは増えそうだが、あくまでも割り切りスタンスになりそうだ。日米の決算内容次第では、直近の上昇に対する反動の動きが出ることは考えられる。とはいえ、下値の堅さが意識されるようであれば、それだけで市場のムードは好転しやすく、相対的に出遅れているセクターや需給面で良好な銘柄などへの資金流入が期待されるところである。材料株などについては、テーマ銘柄での循環物色による回転が利いている。さすがに買い疲れ感も出ているため、テーマのなかでも過熱感の強い銘柄から、出遅れ感の強い銘柄を探る動きに向かいそうだ。また、今週は野村のレポートのインパクトが大きかっただけに、8月初旬に設定される中小型株投信への期待が一段と強まりやすい。対象銘柄との思惑による中小型株への物色も活発化しそうである。

(フィスコ)




テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/07/27(月) 00:00:08|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドル円は下落基調継続

ロンドン勢の本格参入後も、クロス円を中心とした下落基調は継続。ユーロ円は129.45円、ポンド円は146.71円、NZドル円は56.62円、加ドル円は81.62円、スイスフラン(CHF)円は85.22円まで下落している。ドル円もHF勢の売りが入ったことで、99.10円まで下げ幅を広げた。

 17時32分現在、ドル円は99.27円、ユーロドルは1.3061ドル、ユーロ円は129.45円、ポンド円は147.00円、加ドル円は81.62円、スイスフラン(CHF)円は85.39円で推移。

FX

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/04/17(金) 18:24:34|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対北非難声明で合意

【ニューヨーク11日時事】北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応をめぐり、国連安全保障理事会の常任理事国である米英仏ロ中の5カ国と日本は11日、北朝鮮を非難し、発射は既存の対北決議に「違反する」と明記した議長声明案で合意した。他の理事国もおおむね支持の方針。これにより交渉は決着し、同案は13日午後(日本時間14日午前)に全会一致で採択される見通しとなった。
 同案は米中両国が協議して取りまとめ、英仏ロの同意を得て日本に示された。ミサイルか人工衛星かの判断を示していないが、「北朝鮮がさらなる発射を行わないよう要求する」と強い調子で表明している。安保理はミサイル発射という挑発行為から9日を経て、厳しい意思を北朝鮮に示すことになった。 
何かと日本市場や日本通貨にちょっかいを出す、北朝鮮。今後どのような動きをするか注目が集まる。

アイフォレックス

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2009/04/12(日) 17:21:46|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NY堅調

 ダウ先物は7400ドル前半のもみ合いを上放れ、先週末NYタイムの高値7460ドルを上抜け。7482ドル(+134)まで本日高値を更新した。

 17時6分現在、ドル円は93.35円、ユーロドルは1.2929ドル、ユーロ円は120.70円で推移。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/02/23(月) 17:14:52|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX 2月16日~2月20日 

G7、特にサプライズはなし
--------------------------------------------------------------------------
週末のG7では特にサプライズはなく、為替への言及もなかったことで、為替への影響は限定的の模様。今週の水曜日にはオバマ大統領が住宅差し押さえ対策を発表する予定で、期待感から米ドルが買われる可能性も。しかし週末に米ウォール・ストリートジャーナル紙が『GM(ゼネラル・モーターズ)が経営再建計画の中に破産法(日本の民事再生法)を盛り込む見通し』と報じたことで、相場が大きく変動することも懸念されている。GMの再建計画提出期限は17日(火)となっている。また18日(水)には住宅関連の指標が発表される。前回に引き続き下落することが予想されており、米住宅市場の更なる悪化が浮き彫りとなりそうだ。

  1. 2009/02/21(土) 14:46:55|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX NY時間午後

NY時間、ポンドの下落が顕著となった。欧州時間には英テレグラフ紙による「欧州の財務相はポンドの下落についてダーリング英財務相を非難する」との報がポンド買いを誘発させたが、NY時間に入ると状況は一転。英銀大手のロイズは「買収を完了したHBOSの2008年損失が85億ポンドに上った」と明らかにした事でポンド売り優勢に。更にブラウン英首相、ダーリング英財務相が共に「政策目標は”インフレ”であり、”通貨”ではない」を繰り返し、通貨安への非難を一蹴した事もこれに拍車をかけた。ユーロは上値重く推移。欧州時間に発表された独GDP(1987年第1四半期以来最悪)、ユーロ圏GDP(1995年の統計開始以来最悪)の悪化が嫌気された。円も下落。米国3連休&G7を前にドル円、クロス円の買い戻しが優勢となった事に加え、16日(月)に発表される日本の第4四半期実質GDP(速報値)への警戒感が先行した。先ほど公表されたG7声明の草案では「為替相場における過度な変動や無秩序な動きは回避されるべき」等されており、今のところ特定通貨(人民元やポンドなど)への具体的な懸念は記されていない。ガイトナー米財務長官はG7終了後の日本時間14日23:30に記者会見を行なう予定。内容次第では、月曜日の東京市場がまずはそのインパクトを受ける事になる。NY原油先物は37.51ドル(10.4%高)で取引を終了。
92円台が重い展開が続いているがここを越えて行けるのだろうか?




テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/02/14(土) 12:49:07|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経済・金融の安定が最優先事項、あらゆる手段活用=G7声明案

[ローマ 13日 ロイター] 7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の声明草案は、経済と金融の安定が「最優先事項」とし、あらゆる手段を用いて景気低迷からの脱却に取り組む姿勢を示した。
 ロイターが13日、声明案を入手した。
 それによると「成長と雇用の支援および金融セクターの強化に向け、あらゆる政策手段を用いて共に行動することへのコミットメントを再確認する。望ましくない波及効果やひずみを回避するために引き続き協力する」としている。
 「保護主義的な手段は景気低迷を悪化させるだけだ。G7はこれを避け、新たな障壁を設けず、ドーハラウンドの早急な合意に取り組むことを約束する」とした。
 また、為替レートの一段の柔軟化に向けた中国の取り組みを歓迎し、人民元の一段の上昇を求めている。人民元以外の特定の通貨には言及していない。
 「われわれは中国の財政出動と、一段と柔軟な為替レートへの取り組み継続を歓迎する。こうした取り組みは人民元の一段の上昇につながる必要がある」としている。
 「為替の過度のボラティリティーと無秩序な変動は、経済・金融の安定に悪影響を及ぼす。われわれは引き続き為替市場を注視し、適切に協力する」とした。
これを機に株価が上昇してくれといいのですが・・・

FXなら↓

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/02/14(土) 12:45:09|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国株前引

 9日の中国本土市場は前場、上海総合指数が前日比5.34ポイント(0.28%)高の1883.52ポイントで引けた。B株市場は、上海B株指数が 0.13ポイント(0.11%)高の117.13ポイント、深センB株指数が1.19ポイント(0.42%)高の282.15ポイント。

FX スプレッド

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/01/09(金) 12:51:15|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京タイム午前

東京タイム午前は今晩発表される米12月雇用統計を前に、積極的な取引に乏しくレンジ相場となった。

 ドル円は朝方から短期筋の利食いや仲値の不足などから上昇。91.59円まで上昇したものの、仲値後に輸出の売りが持ち込まれると失速。逆に91.20円前後まで下落した。ただ下値にアジア系の買いが観測されると、下方向への動きも収まった。ユーロドルは、ユーロ円がドル円につれて下値を探る動きになるとつれて軟調となり、一時1.3654ドルまで本日安値を更新。ユーロ円は仲値後に124.40円まで下落した。

 海外時間も米雇用統計を控えて動きづらい展開か。ただ、ドル円は90.70-85円にストップがたまってきたようで、これをつけ始めると、米雇用統計前にポジション調整を強いられ、荒っぽい動きになるリスクは残っている。

クリック証券

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/01/09(金) 12:50:11|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テクニカルポイント ドル円 

遅行線は実線の水準を突破できるか


102.47 200日移動平均
99.09 100日移動平均
98.98 一目均衡表・雲(上限)
95.77 一目均衡表・雲(下限)
93.94 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間)
92.61 エンベロープ1%上限(10日間)
92.52 現値
92.19 一目均衡表・転換線
91.69 10日移動平均
90.94 21日移動平均
90.89 一目均衡表・基準線
90.78 エンベロープ1%下限(10日間)
87.94 ボリンジャーバンド 2σ下限(21日間)

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/01/08(木) 15:17:18|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 ドル円弱含み、中国が米債投資を控えるとの見方

01/08 13:53
ドル円は92円台半ばで取引されている。午前中は92円台後半で底堅い動きを見せたが、午後に入って水準をやや切り下げている。米紙NYタイムズで中国が米債投資を控えるとの観測記事が出ていた。中国は世界最大の米債保有国だが、景気刺激策の財源確保で米債投資を控えるとの見方もあるようだ。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/01/08(木) 15:16:14|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金融危機、世界で飛び交う痛烈なジョーク

[20日 ロイター] 一部の銀行を破たんに追い込み、数千人が職を失う事態になっている世界の金融危機。痛烈な皮肉交じりのジョークも世界中で飛び交っている。ロイターの記者が耳にした、そうしたジョークの一例をまとめた。
 ◎「楽観主義の定義は何だろう」「日曜の夜に5枚のシャツにアイロンをかける投資銀行家のことだ」
 ◎「小さな事業を始めたい。どうすればいいだろうか」「簡単だ。大きい事業を買って待ってればいい」
 ◎「投資銀行家と大きなピザの違いは何か」「ピザはまだ4人家族を食べさせることができる」
 ◎「運用すべきファンドを持っていないヘッジファンドマネジャーが言うことは何だろう」「ご一緒にポテトはいかがですか」
 ◎「ATMで現金を引き出そうとしたら『残高不足』と言われた。ATMのことか自分のことかは分からない」

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/10/21(火) 18:07:39|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サーキットブレーカーが3回も・・・

乱高下する世界経済。日経平均先物に関しては1000円幅の値動きが3営業日も発生した。
記録的な出来事と言えよう。
ボラティリティの上昇はリスク管理の見直しが必要です。
みなさん御注意ください。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/10/17(金) 00:46:23|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しずつ円高傾向

一時期105円まで回復したものの現在103.30前後。
103円を割り込むと再び100円付近まで戻る?

日経平均も為替に左右される展開が続いているので再び12000円代もありえるそうです。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/05/21(水) 17:23:20|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

与党税制改正大綱の骨格

自民、公明両党の税制調査会が今月中旬に取りまとめる平成20年度税制改正大綱の骨格が4日、明らかになった。法人事業税の再配分による地方自治体間の税収格差是正と、金融所得の一体課税導入が柱となる。将来の抜本改革を見据えて、消費税の使途や地方分拡充についても踏み込んで表現する方向。このほか、自治体への寄付金を個人住民税から税額控除する「ふるさと納税」導入も明記する見通しだ。
 自民党税調は4日、政策課題を除く各部会からの要望を審議。住宅に関して、長寿命化(200年住宅)促進税制の創設や耐震改修促進税制の拡充について検討する方針を決めた。また、地球温暖化対策を視野に、石油代替燃料のバイオエタノール混合ガソリンにかかる軽減措置創設についても検討に入った。
 20年度改正では、自治体間の税収格差是正が“目玉”の一つ。大都市を抱える自治体に偏在する地方税の法人2税(法人事業税、法人住民税)のうち、事業税について再配分し、東京都から3000億円など4000億円程度を税収の不足する自治体にまわす方向で調整している。
 金融一体課税では、上場株式の譲渡益と配当の損益が合算できるようにする一方、本来の20%から10%に引き下げている軽減税率を20年度内に廃止する案を検討。20年末までに取得した株の譲渡益と少額配当については10%を引き続き適用する。立案した財務省と、軽減税率の延長を主張する金融庁との調整を経て、党税調で最終的な枠組みを決める。
 消費税に関しては来年度は手をつけず、大綱では将来の地方分拡充や社会保障目的税化について明記を検討。増税時期や将来の消費税率については今後、明記するかどうか詰める。
 自民党税調は、今月13日を目途に大綱取りまとめに向けて公明党税調と与党協議を重ねる。道路特定財源の自動車重量税で、公明は暫定税率の引き下げを求めており、維持を主張する自民とは意見が異なっている。


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/12/04(火) 23:48:33|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日経平均。反発、下値圏から切り返す

20日の日経平均株価は反発。前日の米国株市場の大幅反落や円高進行などが嫌気され、朝方は直近の下値サポートとして意識された心理的節目15000円を割り込む展開となった。前場中ごろからはアジア株市場の下落も重しとなり、前場はほぼ安値圏で取引を終えた。ただ、後場に入るとショートカバーを中心に急速に下げ渋る流れとなった。円高一服が買い安心感につながったほか、米FRBによる緊急利下げ観測の浮上で売り方の踏みを誘う格好となり、一転上昇に転じた。下値圏からの切り返しで投資家心理の改善もみられ、売買代金は3兆円を回復した。大引け概算の日経平均株価は前日比168.96円高の15211.52円。東証1部市場の売買高は2720.97百万株、売買代金は3兆2098.33億円。騰落銘柄数は値上がり734、値下がり882、変わらず98。業種別は33業種中、値上がり24業種、値下がり9業種。精密機器、卸売業、陸運業、その他金融業、証券・商品業などが上昇する反面、ゴム製品は下落。個別では任天堂(7974)、新生銀(8303)、コマツ(6301)、三菱商(8058)、みずほFG(8411)などが上昇。一方、ニチアス(5393)、NTT(9432)、NEC(6701)などが下落した。《SU》
【株式会社フィスコ】



テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/11/20(火) 16:36:30|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

キリンが豪食品会社買収 「脱ビール」加速

キリンホールディングス(HD)は8日、フィリピンのビール大手、サンミゲルの子会社で豪乳製品・果汁飲料最大手のナショナルフーズ(NF、本社・メルボルン)の全株を取得することでサンミゲルと合意したと発表した。買収総額は、NFの有利子負債分を含め28億豪ドル(約2940億円)に上る。

 キリンは先月、協和発酵工業をTOB(株式公開買い付け)により最大1673億円で傘下に収めることで合意したばかりで今回の買収はこれを上回り、キリンとして過去最高のM&A(合併・買収)となる。ビール依存から脱却し、収益構造の多角化を加速する。

 キリンの加藤壹康(かずやす)社長は同日会見し、「成長を加速させる有力なパートナーを迎えられた」と述べ、買収の意義を強調した。

 NFは豪州の乳製品や果汁飲料でシェアトップを誇り、売上高は約18・4億豪ドル(約1932億円)と、食品業界でも最大級。2005年にサンミゲルが買収し完全子会社化した。

 キリンは02年にサンミゲルに約1000億円を出資し、現在は約20%の株を保有している。

 関係者によると、当初、サンミゲル側が「半数以下(49・9%以下)を売却したい」との意向を示していたのに対し、キリンは過半数を要望。「グループ経営の迅速化を図る」(加藤社長)ため、最終的に完全子会社化を決めた。

 キリンは2015年に連結売上高を06年比約2倍の3兆円に拡大する目標を打ち出している。このうちアジア・オセアニア地域を中心とした海外事業で約25%を稼ぎ出すとしており、NF買収で海外事業拡大に弾みを付けたい考えだ。

 また、キリンは豪ビール会社のライオンネイサンにも約46%を出資しており、NFとの連携などによる相乗効果で収益力を拡大できるとみている。

 キリンでは少子高齢化でビールを中心とした国内酒類事業が先細りとなるなか、国内では飲料、医薬事業を酒類に次ぐ柱に育てる一方で、海外事業の強化を急いでいる。時間を買うM&Aも積極的に活用し、昨年にワイン最大手のメルシャンを傘下に収めたのに続き、協和発酵、NFと立て続けに大型案件をまとめ上げた。

 加藤社長は会見で「いずれお客さまに喜んでいただけるものになる」とし、今後の課題である買収の成果を追求する考えを強調した。



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/12(月) 10:59:29|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

年初来安値更新=東京株式市場

12日の東京株式市場では、全面安。平均株価は前週末比380円超幅の急落となり、取引時間中で8月17日の年初来安値1万5262円10銭を更新した。米国株安、円高進行を嫌気し、売りが優勢。欧米経由で合計600億円の売りバスケット(買いバスケットは150億円)が観測されている。サブプライムローン関連で米金融機関をはじめ、日欧でも損失発生が相次ぎ、信用収縮懸念が増幅している。米景気の減速懸念から、ドル資産離れが加速し、ドル・円は1ドル=110円台と06年5月以来のドル安・円高水準に進み、市場心理の悪化につながっている。中国人民銀行(中央銀行)が10日に預金準備率を0.5%引き上げると発表(26日から実施)、中国株動向も警戒要因となっている。追い証(追加担保の差し入れ義務)発生懸念から、処分売りが表面化する可能性も指摘されている。東証1部の業種別株価指数では、33業種すべてが値下がりしている。
 今朝の外国証券経由の売買注文動向では、360万株の売り越しとなった。売り越しは8営業日連続。9日の米国株式市場では、大幅に3日続落し、ダウ工業株30種平均は前日比223.55ドル安の1万3042.74ドル、ナスダック総合株価指数は同68.06ポイント安の2627.94ポイントで取引を終了した。無線通信技術大手クアルコムの利益見通しが市場予想を大きく下回り、主力ハイテク株売りにつながった。サブプライムローン関連で、米銀大手ワコビアの評価損発生が明らかとなり、JPモルガン・チェースも悪影響を受ける可能性が指摘されるなど金融機関の損失拡大懸念も深まった。さらに11月の米ミシガン大消費者信頼感指数が市場予想を大きく下回ったことも嫌気された。シカゴ平均株価先物清算値は大証終値に比べ295円安の1万5255円だった。
 NY原油先物相場は、3日ぶりに反発し、前日比0.86ドル高の1バレル=96.32ドルで取引を終了した。冬場の暖房燃料の需要増加思惑から、買い気を誘ったが、米景気減速懸念に伴う需要減退観測もあり、上げは限定された。東京外国為替市場では、1ドル=110円台半ば(前週末終値は112円65銭)で取引されている。
 円高進行に米ハイテク株安を映し、ソニー <6758> 、TDK、京セラ、キヤノン、東エレク、ファナックなど値がさハイテク株に売りが先行。トヨタ <7203> 、ホンダ、日産自などの自動車株も下げ基調。サブプライムローン問題に対する懸念から、三菱UFJ <8306> が株式分割後の安値を更新し、三井住友 <8316> 、みずほ <8411> は新安値を付けるなどメガバンク株も軟調。サブプライムローン関連で9月末252億円の評価損を計上するあいおい <8761> をはじめ、T&DHD、ミレアHD、三住海上、日本興亜などの保険株もさえない。新日鉄 <5401> 、住金、JFE、大和工などの鉄鋼株や、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> 、郵船などの海運株も軒並み安い。個別では、堺化学、シルバ精、日本CMK、理想科学、立花エレなどが値下がり率上位に並んでいる。
 半面、個別で大末建、ミツウロコ、大日印、青山商、応用地質などが値上がり率上位に浮上している。


 

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/11/12(月) 10:50:28|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

平均株価は安寄り後に上げに転じ、50円超幅の上昇=東京株式市場・9日寄り付き

現在は15830円前後でもみ合いが続く。

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/11/09(金) 10:12:17|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

米経済、来年半ばまで成長弱い

【ワシントン8日時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は8日、上下両院合同経済委員会で行われた公聴会で証言し、第3・四半期に年率3.9%(速報値)の成長を達成した米経済について、低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き多発を受けた信用収縮や原油高などの影響で、来年半ばまで弱い成長が続くとの見通しを示した。
 議長は「第4・四半期の成長率は、前期に比べかなり落ち込む」と指摘。「2008年前半は弱い成長が続き、その後は信用収縮、住宅市場の調整の影響が薄れ、回復に向かう」と述べた。ただ、「この予想のリスクは下振れ」として、住宅価格が予想以上に低下すれば、景気落ち込みが一段と深まる恐れを指摘した。 

FX口座イチオシ↓

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/11/09(金) 10:08:56|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

一目雲下限で上値の重い展開

6日の日経平均株価は3日続落。朝方は前日の米国株安を嫌気した売りが先行したが、値頃感に伴う押し目買いが優勢となり、下げ幅を急速に縮める展開となった。その後は揉みあいながらも上昇に転じ、前場中ごろ過ぎには中国の電子商取引大手アリババ・ドット・コムの上場を手掛かり材料とするソフトバンク(9984)の急伸が日経平均株価を押し上げ、前場は高値引けとなった。しかし、後場は一転して同社株へ材料出尽くし気運が高まったほか、米国株市場などへの不透明感から上値の重さをみせた。日経平均株価は前日陥落した一目均衡表の雲下限(16312円)レベルで揉みあった後、次第に上値を切り下げ、大引けにかけて下げに転じた。大引け概算の日経平均株価は前日比19.29円安の16249.63円。東証1部市場の売買高は1971.04百万株、売買代金は2兆6515.26億円。騰落銘柄数は値上がり1016、値下がり588、変わらず107。業種別は33業種中、値上がり19業種、値下がり14業種。海運業、その他金融業、倉庫・運輸、水産・農林業などが上昇。一方、鉱業、医薬品などが下落。個別では新日鉄(5401)、三井物(8031)などが上昇。反面、ソフトバンク(9984)の下げがきつい。《SU》
【株式会社フィスコ】

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/11/06(火) 16:32:11|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

NOVA転落 

フランスやデンマークへの6年間の欧州留学を終えた猿橋望氏がNOVAを創業した理由は、欧州では外国人の友人が1人もいないことがまれなのに対して、日本では外国人の友人が珍しいことに疑問を感じたためだった。大阪・ミナミのアメリカ村に小さな外国語会話教室を立ちあげたときも、パートナーは留学先で知り合った外国人の友人2人が務めた。
 SF小説を愛読し、パリ大学で物理学を専攻した猿橋氏は自らを「科学人間」と評した。「利益があがらないのは教室数が足りないから。規模を拡大すれば大丈夫だ」と強調、「パラメータ(媒介変数)を盛り込んだ方程式」などと呼ばれる考えを1000校目前まで拠点を増やす根拠とした。
 型破りで縦割り組織や拘束を嫌う性格の一方、アイデアマンであったことは間違いない。
 NOVAのキャッチコピーやキャラクターの選定に積極的に参画して、「いっぱい聞けていっぱいしゃべれる」という語学教育の必須要件を体現した「NOVAうさぎ」は、猿橋氏のアイデアが下敷きだった。今では多くの語学スクールが採用している外国人講師による小人数制のレッスンの導入や、外国人講師の大量採用システムを立ち上げた力量を評価する向きもある。
 「NOVAには人事、総務といった普通の会社にある部署がない」
 かつてこう豪語した猿橋氏だが、それはいつの間にか、すべての事案に社長決済の必要な構造となり企業としての非効率化を招いた。
 「猿橋氏は授業の質の低下で解約する生徒の心理が読めなかった。そうした点を補う人材がいれば違った結果になっただろうが、企業の安定経営には不向きだった」(NOVA社員)。今月、ジャスダックへの改善報告書の中で指摘された「猿橋氏への権限の集中」という体質が、まさに破綻(はたん)の引き金になったのは間違いない。


 

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/10/27(土) 03:42:31|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米トヨタ幹部、フォード移籍 また引き抜き

【ワシントン=渡辺浩生】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は11日、消息筋の話として米自動車大手フォード・モーターが米国トヨタ自動車販売副社長のジェームズ・ファーリー氏を副社長として採用すると報じた。

 ファーリー氏は1990年に米国トヨタに入社。若者向けブランド「サイオン」部門確立を主導し、現在はレクサス担当副社長。ブランド戦略の再構築を図るフォードで、マーケティング部門の責任者に就任するとみられる。

 先月にはトヨタ自動車専務のジム・プレス氏がクライスラーの副会長兼社長に電撃移籍。トヨタ反撃を狙うビッグスリー(米自動車3大メーカー)による引き抜き攻勢が激化している。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/10/12(金) 14:37:54|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【株式市況】12日午前東京株式主要指標

【10月12日 12:00 テクノバーン】10月12日(金)東京株式市場情報
◎日経平均株価
前引 17379.34 (-79.64)
始値 17417.94
高値 17441.75
安値 17360.54

◎TOPIX
前引 1666.38 (-11.14)
始値 1671.87
高値 1672.98
安値 1662.87

商品先物取引

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/10/12(金) 14:36:01|
  2. 最新経済情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。